椅子のあるリビング

費用を知る

ワンルームマンションの遺品整理を業者に依頼するときには、広さや荷物によって価格も異なります。一般的な場合であれば数万円で行うことができますが、室内で居住者が病死した場合などは清掃費用も発生し更に料金が高くなります。

この記事の続きを読む

数珠と祈る女性

墓地を選ぶ

人生を終えた時の新たな居場所として建てられる墓地は、150万程度の費用がかかるといわれています。墓地は葬儀や相続と同様に重要な問題になるので、生前に墓地について決めておくことが大切です。

この記事の続きを読む

墓地で祈る男性

家族葬をする

近年では葬儀も少人数で行う家族葬をする家庭が増えてきていますが、故人の希望に応じた葬儀をすることが大切です。できるだけ生前のうちに葬儀における準備をしておくと良いでしょう。

この記事の続きを読む

片付けている人
トラックの後部

遺品整理は依頼する

核家族化が進む現代では、遺品整理の重要度が高まっていると言えます。故人の遺品をどのように片付けてよいのか分からないという人は専門の整理士にお願いするのが良いでしょう。

この記事の続きを読む

ペンを持つ作業服の男性

家族の供養をする

ペットが家族の一員として多くの家庭で暮らしている現在では、ペット供養の需要も高まりつつあります。ペット供養の種類は多くあるので、依頼するときは業者と相談しながら決めると良いでしょう。

この記事の続きを読む

遺品整理をする

困って話す女性

身内の方が亡くなられた場合、葬儀などを無事に終えたあとにしなければならないことが遺品整理です。故人が独りでお住まいのケースは特にこの遺品整理が大変な作業になってきます。年齢を重ねるにつれ気力体力が衰え誰しも整理整頓が苦手になってくるからです。残されたご家族にとって亡くなられたばかりの故人の遺品整理は精神的にも肉体的にも辛いもので、なかなか作業がはかどりません。作業のこつとしては現金を始め保険証や年金、銀行関係の通帳、ほか重要書類などを見落とさないようにしっかり保管することです。そのあとにいるものといらないものに分けます。遺品の中には大型家具家電など動かせないものがあるかもしれませんがそういうものは業者に任せると体力の負担なく進めることができます。

遺品整理サービスを行なっている業者があるので依頼するとスムーズにいきます。遺品整理で一番やっかいとされるのが細かい書類のチェックや雑貨類などです。書類整理は重要かどうかチェックするのに時間がかかりできるだけ身近な家族が携わりたい作業です。生活用品や衣類の整理も大変で処分してしまうのかどうか判断が難しいことが多いです。遺品整理業者は大型家具家電の処分や引取りを短時間で行なってくれ、細かい整理も指示をすれば手伝ってくれるので、時間のかかる細かい作業に集中することができるという利点があります。また故人との思い出に浸ってしまいがちなこの作業を他人が入ることで事務的に効率よく行なえるというメリットもあるでしょう。